ザオラル【ざおらる】とは

ザオラル(ざおらる)

主な意味

しばらく連絡をとっていない案件に対して、久しぶりに連絡して関係を復活させる試みのこと。

大人気RPGゲーム、ドラ○エシリーズの復活の呪文「ザオラル」から由来。

また、その際に送るメール、LINEメッセージを指して「ザオラルメール」などとも言う。

用例・例文

・既読スルーされて死番化してた案件に一斉ザオラルメールを送る。

ワンポイント

本家ドラ○エにおいて、ザオラルは死んでしまった仲間を生き返らせる呪文である。

しかし、ザオラルを唱えたからと言って100%生き返るわけではない。
運良く復活することもあれば、そのままのこともあり、その確率はランダムである。

これは恋愛工学生やナンパ師が唱える「ザオラル」においても同じことが言え、連絡の途絶えた案件にザオラルを唱えたとて、そのうち1~2割から返事がくるかどうかといったところだろう。3割生き返れば御の字である。

また、返事がこなくなったからといってすぐに「おーい」「生きてる?笑」なんて送るのはザオラルではない。ただの非モテのイカくさいクソリプだ。即ブロックされて仕舞えばいい。

いろいろ言う人がいるが、ザオラルメッセージは連絡が途絶えてから2週間~1,2月程度は時間を開けて送るべきである。

その際も、

「しばらく連絡取れてなかったけど、ずっと君のことを考えていたんだ。今頃どこでどうしているんだろうって。僕たちが出会ってから云々〜」

みたいなキモい長文ポエムではなく、何かの折にふと思い出したくらいの自然なノリで、負担にならない程度の長さ・重さのものを送るのがいいだろう。

なんにせよ、メッセージを受け取る女の子の立場に立って想像して見ることが重要である。

なお、とりわけLINEにおけるザオラルでは、最後のメッセージをxxxで終えると蘇生率が高まる。

類義語・同義語

該当なし

対義語

該当なし

関連するその他の用語

→死番化