オープナー【おーぷなー】とは

オープナー(おーぷなー)とは

主な意味

ナンパで声かけするときの第一声となるセリフのこと。
会話をオープンさせることからそう呼ばれる。

用例・例文

・永沢さんから教えてもらった写真オープナーがワークして、OL2人組を難なくオープンすることができた。

ワンポイント

オープナーにはキャラクターやスタイル、流派によって様々な観点のものがある。

「ねえねえオネーさんこれから暇?」
「お姉さん飲みに行こうよ!」

みたいなド直球のものもあれば、(直接法)

「ここのトイレって男女で分かれてないんですね」
「あっ、写真とりましょうか?」

といった、性的関心を隠してアプローチするものまで様々。(間接法)

広義においては、変な動きやポーズで関心を引く非言語のものもオープナーと呼ぶ人がいる。

オープナーは出撃前に決まったものを考えておいて、固定された決まり文句を使う人もいれば、案件の持ち物や服装、表情や仕草などからその場で即興でオープナーを考えて声かけする人まで様々である。

初心者のうちは、なんて声をかけようかあれこれ考えて地蔵することが多いので、1つか2つオープナーを決めておいて、慣れるまではそれだけを使って声かけをするのが推奨されることが多い。

ちなみに心の弱いAFCの中には、女性にわざとぶつかったり、知ってるくせに道を聞いたり、目の前でいきなりものを落としたりして拾わせるなど、ただの迷惑行為でしかないオープナーもどきを使う連中もいるが、普通にウザいしそもそもキモいのでやめておこう。

…え?なんて声をかけたらいいか分からないって?

笑顔で「こんばんは!」って言えばどうにかなるよ。

類義語・同義語

→声かけ

対義語

該当なし

関連するその他の用語

→直接法
→間接法
→地蔵
→ガンシカ
→道聞きオープナー
→写真とりましょうかオープナー
→こんばんはオープナー